magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(3240)
(2594)
(2282)
(1444)
(1184)
(1078)
(654)
(653)
(633)
(627)
(582)
(441)
(414)
(319)
(287)
(267)
(196)
(177)
(103)
(35)

最新の記事

マグネッツ神戸店 11/20..
at 2019-11-17 21:44
WWII USAAF!!(マ..
at 2019-11-16 12:49
マグネッツ神戸店 季節感を強..
at 2019-11-15 22:45

最新のコメント

B-7!!!!! しか..
by Golazo! at 03:19
> 19510909様、..
by magnetsco at 19:20
こんばんは、お世話になっ..
by 19510909 at 21:07
> royalruby5..
by magnetsco at 22:39
こんにちは。 vint..
by royalruby5104 at 16:03

以前の記事

2019年 11月
2019年 10月
2019年 09月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

マグネッツ神戸店 10/23(水)Vintage入荷! #5 US.Military Item Part2!!!

c0078587_16142013.jpg
こんばんは、神戸店 伊藤です。

マグネッツ神戸店
10/23(水)ヴィンテージ入荷!12:30~OPEN!!!
の、入荷ブログのラストになります!

最後を飾るのは、マグネッツに通ってくださる皆様に
大人気のミリタリーアイテムになります!

この度の入荷ブログのトップでも
ミリタリーアイテムをご紹介
させていただきましたが、

この度は、海兵隊と空軍アイテムに
フォーカスしてご紹介させていただきます!

貴重なアイテムがこの度も登場致しますので、
是非、お付き合いくださいませ!

何卒、よろしくお願い致します!





c0078587_15102695.jpg
1940's U.S.Army (U.S.M.C.)M-41 Field Jacket
Size:42-Regular
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_15102420.jpg
c0078587_15102624.jpg
c0078587_15102673.jpg
c0078587_15113878.jpg


トップはこちらの1枚から!
特別感のあるこんな逸品が入ってきました!

このジャケットは、フィールドジャケットとして
始めて大量生産で兵士に配給された
M-41フィールドジャケットになります!

35年から試作品が作られて、
M-35やM-38などと呼ばれるものが存在しますが
本格化するのは39年からになり、
40年についに原型が誕生していきます。


そして41年から正式に採用されました。


フィールドジャケットでは
このモデルが最初で最後となった
ショート丈のデザインで、

裏地にはウールフランネルが貼られていて
アウターとしては頼りになる作りです!


前合わせは、フロントジッパーと
5つボタンのデュアル方式で
風の進入を防ぎ、防寒性もしっかりと考えられた、
当時として高性能なジャケットで、

一見薄手に見えますが、
初めて着用された方は、
想像以上の温かさに
驚かれる方も多いですね。



民間のウインドブレーカーを
参考にしており、初めて大量生産を
目的として開発された
フィールドジャケットというだけでも、
非常にそそられるものがあるのですが、

この度はそれに加えて、特別感のある
仕様となった一着になります!

c0078587_15102661.jpg
胸にプレートが張られており、
このジャケットでは非常に珍しい
アメリカ海兵隊兵士が使用していた
M-41になります!


このジャケットは、陸軍では
M-41と呼ばれていますが、

海軍ではN-4と当時は呼ばれており、
陸海で若干のディテールの違いが在ります。


海兵隊員が使用するなら海軍経由のものを
使用することが多いのですが、陸軍のジャケットを
使っているのが興味深いポイントです!
c0078587_15102588.jpg
ボディーにはペンキの飛びが見られ
この仕様に興味が沸く方が多いと思います!

未使用では出せない味わい深いボディーに
なっているのが、このジャケットの何よりの
ポイントだと思います。
c0078587_15113807.jpg
c0078587_15113846.jpg
ウールフランネルもところどころに、
虫食いなどが見られますが、ライニングの
縮みが入っていないのが嬉しいですね。

サイズ表記通りの42Rとなっています!
c0078587_15102516.jpg
c0078587_15102598.jpg
c0078587_15113860.jpg
c0078587_15113833.jpg
c0078587_15113989.jpg
c0078587_15102523.jpg
c0078587_15113959.jpg
c0078587_15113981.jpg
c0078587_15113870.jpg









c0078587_15090206.jpg
1940's US.Marine Corps P-41 H.B.T. Jacket
Size:about-36
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_15080420.jpg
c0078587_15080383.jpg
c0078587_15080325.jpg
そして、こちらは1941年に登場したUSMCで
最初にHBTを採用したジャケットで、

同時にUSミリタリーアイテムとして、
初めてのHBT生地を使った
P-41HBTジャケットになります!


c0078587_15090287.jpg
ヘリンボーンとは、「ニシンの骨」
と言う意味で、生地を見てみると、
なるほどと納得のいく模様をしています。

日本語では杉あや織りと呼ばれています。

複雑な綾織が、薄手で
軽量ながら耐久性を増し、

激しい運動にも耐えれる
優れた生地になるのですが、

アメリカのミリタリーアイテムでは
40年代に主に見られ後の時代には、
姿を消す生地になります。



洗い込んでいくと、ミントグリーンのような、
白がかったグリーンに退色していき、
その度に、柄が強く浮かび上がり、
経年を楽しめる飽きの来ない生地となります。
デニムとは、また違った魅力を持っています。


そして、今回ご紹介のUSMCのP-41HBTジャケットは
普段、中々出会えないレアなアイテムであり、
数種類あるHBTアイテムの中でも、特徴ある
デザインから人気の絶えないモデルです!


USMC特製の部隊刻印入りの
メタルドーナツボタンが4つに、
簡素な3つポケタイプのカバーオールは
ワークの分野でも人気の形状ですね!



c0078587_15080326.jpg
c0078587_15080221.jpg
ヘリンボーンツイルの生地に胸ポケットの
USMCのエンブレムステンシルがくっきりと残った、
痺れるフロントスタイルが堪りません!

今ではファッションアイテムとして、
本当に馴染みのあるデザインと
なっていますが、

このカバーオールタイプは
このP-41のみとなっており、
後継モデルからはシャツジャケットの
デザインに変更されます。


理由としては、当時、このジャケットを
使用していた兵士がパンツインの
スタイルの方が使いやすかったらしく
ジャケットとしてのデザインは
不要と判断されました。


アメリカでも滅多に出てこなくなった
アイテムになりますので、興味のある方は、
お試しください!

使い勝手のよさももちろんですが、
袖を通したときのストレートな
かっこよさに手放せなくなる
アイテムだと思います!

今回の一品は、ポケット部分の
色目が少し濃く、最初はポケットに
ダメージが出てしまい、

同じHBT生地を使ってポケットを
再生した一品だと思ったのですが、
c0078587_15080380.jpg
裏の縫製箇所を見ると外した痕跡もないことから
オリジナルのポケットで、生地の色目が元から違った
珍しい2トーンの仕立てとなった一品です!

こういった特別感があるアイテムも
大きなトレンドになってきましたので、
興味のある方は、ご覧になってください!
c0078587_15080494.jpg

c0078587_15080489.jpg
c0078587_15090265.jpg
c0078587_15080443.jpg
c0078587_15080394.jpg




1940's US.Navy UnderWear
Size:about-36 5980-yen +Tax
c0078587_15070102.jpg
c0078587_15070182.jpg
c0078587_15070131.jpg
そして、ナチュラルホワイトのカラーで仕上がった
アメリカ軍のアンダーウェアの登場です!

陸軍と違い、白を使っているのが特徴で、
後は極めてシンプルな仕上がりとなっています!

クセのないアンダーウェアは持っていると
とにかく使え、何枚でも手元に置いて
おきたいところだと思います。

40年代の一品ですので、保温性も高めた
ウール/コットンのブレンドファブリックに
なっているのもポイントで、

今のアンダーウェアでは
なかなか体験できない生地使いと
言うのもポイントです。
c0078587_15070167.jpg
裾口の両サイドにはボタンホールのような
穴が設けられていて、ここは洗濯して
干すときにロープを通すために
作られたと言われています。

艦の上なので風で飛んでしまうんでしょうね。

是非、お試しください!
c0078587_15070150.jpg
c0078587_15070175.jpg
c0078587_15070225.jpg
c0078587_15070280.jpg
c0078587_15070203.jpg





c0078587_16073565.jpg
1970's U.S.Air Force CWU-7/P
Size:Large
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_16073649.jpg
c0078587_16073494.jpg
c0078587_16073567.jpg
c0078587_16073551.jpg

続いてはこちらです!

隠れた名品としてファンの方が
絶えないのですが、弾数が少なすぎる
CWU-7/Pの登場です!


皆様もご存知のMA-1やL-2Bの後継になる
CWU(Cold Weather Unit)シリーズの
貴重な一着が入荷です!

今回入荷のCWU-7/Pは、
当店でもかなり久しぶりの登場となり、
60∼70年代に使用され生産数が中でも非常に少なく、
コレクタブルなアイテムと言えます。

こちらはIntermediate zoneに
区分されており-10℃~10℃に対応した
フライトジャケットとして作られたのですが、

CWU-7/Pは、ちょっと特殊で
主にメカニックに愛用されていたそうです。

後に採用された難燃素材のノーメックスを使用した
CWU-36/P、45/Pの前身モデルになります。
c0078587_16073447.jpg
フロントの独特な傾斜した
フラップポケットのデザインで、
ショート丈と太過ぎないシルエットが
特徴的なデザインで、

他のフライトジャケットと比べて
異質な雰囲気が、かっこいいですね!


比較的薄手な見た目に仕上がっていますが
中綿入りで、防寒性をしっかり考えられた
優れた高機能ジャケットで、

普段、車移動の方には、真冬にも
最適なアウターとして使っていただけると
思います。


マットな質感のセージグリーンの生地もいい雰囲気ですね!
この度は使用感も程々で、これから育っていく
貴重なコンディションとなりますので、
興味のある方は、是非、ご覧になってください!

珍しいLサイズというのも嬉しいですね!

c0078587_16091771.jpg
c0078587_16091656.jpg
c0078587_16073518.jpg
c0078587_16073556.jpg
c0078587_16073472.jpg
c0078587_16073475.jpg


c0078587_16100481.jpg
1971’ U.S.Air Force N-2B Flight Jacket
Size:L 29980-yen +Tax
c0078587_16100503.jpg
c0078587_16100428.jpg
c0078587_16100402.jpg

そして、こちらもご紹介致します!
71年のN-2Bフライトジャケットです!

有名なN-3Bのショート丈バージョンで、
N-3Bがパイロットやグランドクルーに
併用されていましたが、

こちらは、パイロットが使用していた、
紛れもないフライトジャケットとなります!

c0078587_16110295.jpg
c0078587_16110280.jpg
c0078587_16110171.jpg
フード部分がジッパーで開閉するのが、
このモデルの大きな特徴で、
フード・トリミングには、コヨーテを
使用しているのがMil-J-6278Eの
嬉しいポイントで、この後のFモデルからは
アクリルボアが使われることとなります。


いい毛足のものが備わっていますね!
非常に綺麗な状態です!

c0078587_16100445.jpg
アルファインダストリー社の
当時の実物でミリタリー好き以外の方でも、
こちらのブランドをご存知の方が
多いのではないでしょうか?

長年、軍のコントラクターを務め、
知名度があがったブランドで、

しっかりした物作りをしており、
ちょっと色が濃い目の
セージグリーンが特徴です!

厚手のナイロンツイルを使った時代のN-2Bは
本当に姿を消しつつありますので、気になる方は
この機会に是非、ご覧になってください!
c0078587_16110215.jpg
c0078587_16100489.jpg


c0078587_16100455.jpg
c0078587_16100525.jpg
c0078587_16110282.jpg
c0078587_16110267.jpg
c0078587_16100373.jpg










c0078587_16120447.jpg
1940's U.S.Army Air Force B-15 Civilian Model
Size:about-38
Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_16120454.jpg
c0078587_16120397.jpg
c0078587_16120405.jpg

続いては、シビリアンモデルですが
雰囲気が最高の、
古い時代の一品のご紹介です!

名作B-15のシビリアンモデルになります!

コットンサテンを使ったオリーブ・ドラブの
色合いも最高で味わい深い見た目ですね。

使用感が少なく、ほとんど使われていない
コンディションもポイントで、
80年ほどたったジャケットですが、
ここから味が出てくる状態というのが
嬉しいですね。
c0078587_16120564.jpg
c0078587_16120472.jpg
ブラウンカラーの襟ボアも硬化箇所もなく
柔らかで、ジッパーもダメージがなく、
滑らかに稼働します。
c0078587_16120476.jpg
中を開けるとボアが全面に張り巡らされ、
保温効果も安心して臨める実用性も
高いジャケットです!


リブのコンディションも多少の虫食いが確認できますが、
使用感が少ないことからリブのヤレも出ておらず
全体を見ると、かなりいいコンディションだと思います。

シルエットも綺麗に整っているのがポイントで、
縦に長めの現在のファッションにも適した
バランスで作られていますので、
興味のある方は、是非、お試しください!

この価格は、大満足だと思います!
c0078587_16120492.jpg
c0078587_16131708.jpg
c0078587_16120316.jpg
c0078587_16120386.jpg
c0078587_16131784.jpg
c0078587_16131652.jpg
c0078587_16131767.jpg


c0078587_18062289.jpg




c0078587_16142013.jpg
1940's U.S.Army Air Force B-15A Flight Jacket
Size:36 59980-yen +Tax
c0078587_16142021.jpg
c0078587_16141979.jpg
c0078587_16142094.jpg
そして最後は、このモデルのご紹介です!
1944年11月4日、B-15の改良型として
採用されたB-15Aの登場です!

このモデルのファンの方も多いですね!

襟ボア付、アウターコットンツイル、
インナーアルパカライニング素材で
第二次世界大戦時に開発採用の
フライトジャケットとしては
最終採用のモデルになります。




第二次世界大戦当時、
米陸軍航空隊は急激な牛や羊などの
皮革資源の枯渇に直面しており、

皮革以外の素材を使用した
フライトジャケットの開発を始動します。

そして1943年にまず、世界初のコットン素材の
フライトジャケットB-10が誕生。

しかし、あくまでそのスタイルや
デザインは暫定的なもので、
機能面に優れた製品ではありませんでした。

そういった理由から1944年4月、
初のコットンジャケットでありながら、
わずか9ヶ月余りで
その使命を終えることになります。


B-10の後継として採用されたのがB-15。


B-10からの変更箇所は
ポケットの形状がB-10が、A-2同様の
フラップ付きのパッチポケットだったのに対し、
斜めのスラッシュポケットに改良します。


正面のジッパーもスライダーが
首に干渉するのを防止するために
右寄りにオフセットされるようになりました。

ですが、

更なる進化のためB-15の採用期間もわずか7ヶ月。


そして、1944年11月4日に
今回のB-15Aの採用になります。 


ここまでが誕生の経緯で、
やっぱり理由があっての
モデルチェンジは面白いですね。


c0078587_16142041.jpg
今回のB-15Aですが変わった1枚になり、
このAモデルで一番視覚的に目立つ、
レザーの三角タブが元から備わらない
珍しい仕様で、

これだとB-15と同じ作りなのですが、
首元に付いているタグには、はっきりと
B-15Aという記載が読み取れ、普段見られない
ユニークな一品であることがわかります!

ちなみにレザーの三角タブは酸素マスクのホースを
結合するために採用されたパーツでした。
c0078587_16162343.jpg

しかし、Aモデルのもう1つの大きな特徴となる
両脇腹のループはちゃんとセットされています。

ここは、ICSコード(通信ケーブル)
および非常用酸素ボトルからのチューブを通します。
c0078587_16181302.jpg
センターから右にずれたオフセットの
ジッパーがやはりかっこいいですね!
c0078587_16162341.jpg
c0078587_16162387.jpg
残念ながら、胸あたりのジッパーティースに
ダメージが見られ、途中までしか
上げることができませんが、

この度の一品は、使用感はそこそこで、
襟ボアも硬化や剥離が見られず、このジャケットでは
そこのダメージが一番気になると思います。
c0078587_16162559.jpg
袖リブも交換されているようですが、
リブを触ってみると、中にリブが入っているようで、
本来ついていたオリジナルのリブが
そのまま残されていると思います。


B15Aは、非常に優れた機能性を持つ
フライトジャケットの成功例で、

その保温性の割りに軽量、動きやすく、
必要な物は全て揃っているのですが、
無駄な物は一切ありません。

加えて生産コストが低く、
丈夫で長持ちと言うのも特徴です。

c0078587_18062269.jpg
これだけ評価が高かったモデルになるのですが、

B-15Aは第2次世界大戦の終期に登場し、
十分な量が生産されず、全部隊に配備されるに
至りませんでした。


こんな感じで進化を遂げてきたのが
B-15Aと言うジャケットなのですが、
このジャケットの採用期間もわずか10ヶ月と
非常に短命で終わってます。


その理由は、デュポン社の開発した
ナイロンを採用したL-2の登場から遅れること3ヶ月、

1945年8月に、陸軍航空軍史上初の
ナイロン製インターミディエイトゾーン用
フライトジャケットB-15Bが誕生したためです。


二次大戦の終焉期はこれほどまでに、
目まぐるしくフライトジャケットの
開発も展開され、B-15Aも数か月だけの
採用だったのは、驚いた方も多いのではないでしょうか?

現在でも廃れることなく、
人気のモデルだけに
驚きも大きいですね。


このジャケットをもって、コットン製の
フライトジャケットの歴史は
終了することになりますので、

コットン素材最後のモデルと考えると
すごく重みが増しますね。

サイズは36表記となっていますが、
後のナイロンツイルの
フライトジャケットと比べて

着丈が少し長く作られているのと、
少し緩めのライン取りになりますので、
普段38程度を着ておられる方も、
お試しください!
c0078587_16142114.jpg
c0078587_16141837.jpg
c0078587_16141903.jpg
c0078587_16141984.jpg
c0078587_16162469.jpg
c0078587_16162542.jpg
c0078587_16162407.jpg
c0078587_16162438.jpg










ついでに、その後ものせておきます。

1951年には、
1947年に陸軍航空隊より独立した
米国空軍のシンボルカラーである
エアフォースブルーに染め上げられたB-15Cが登場、

ジェット戦闘機時代への突入と朝鮮戦争
という時代背景のもと活躍することになります。

1953年、あらたな空軍のシンボルカラーである
セージグリーンを纏い、B-15シリーズの
最終形となるB-15Dが登場します。

B-15Dは、ディテールなどはB-15Cから変更されていません。 
1954年、MA-1の登場により、12年に及ぶ
B-15シリーズはその歴史を終えることになります。。

c0078587_18062365.jpg




最後まで、ご覧頂きまして
誠にありがとうございます!

そして、この度も3日間
お付き合いくださいました皆様、
本当にありがとうございます!


明日、この度ご紹介いたしました
商品が店頭に並びますので、
ご都合のよろしい方は、是非、
ご来店くださいませ!

拘りのある方から、興味をもち始めた方まで
皆様とお会いできることを、楽しみにしております!



神戸店 伊藤でした



この度の入荷ブログは、こちらから ↓


マグネッツ神戸店 10/23(水)Vintage入荷! #1 Military Item Part1!!!


マグネッツ神戸店10/23(水)Vintage入荷! #2 Vintage Sweat Shirt!!!


マグネッツ神戸店 10/23(水)Vintage入荷! #3 Work Itam!!!


マグネッツ神戸店 10/23(水)Vintage入荷! #4 Trad Item!!!






magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → kobemag@gmail.com



※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


by magnetsco | 2019-10-22 20:08 | KOBE店 | Comments(0)