magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(3268)
(2625)
(2297)
(1451)
(1193)
(1081)
(664)
(656)
(637)
(627)
(586)
(444)
(421)
(321)
(287)
(271)
(196)
(177)
(103)
(35)

最新の記事

12月11日(水)大阪店ヴィ..
at 2019-12-08 20:31
12月11日(水)大阪店ヴィ..
at 2019-12-08 18:20
マグネッツ神戸店 Tweed..
at 2019-12-08 15:32

最新のコメント

Golazo!様。 ..
by magnetsco at 12:39
B-7!!!!! しか..
by Golazo! at 03:19
> 19510909様、..
by magnetsco at 19:20
こんばんは、お世話になっ..
by 19510909 at 21:07
> royalruby5..
by magnetsco at 22:39

以前の記事

2019年 12月
2019年 11月
2019年 10月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

マグネッツ神戸店 ウールの表情に個性を感じます!

c0078587_19301797.jpg

こんばんは、神戸店 伊藤です。

汚職が伝統的な国が、
もっと酷い汚職の国に援助したら、
どうなった?

という面白い記事がありました。


内容は。

  

アフリカにあるジンバブエと言う国を
ご存じの方も多いと思います。

人口1500万人で、ヴィクトリアの滝が有名です。

この国は金銀ダイヤモンド、ニッケル鉱の
採掘権を中国に与え、その替わりにインフラ建設、
空港拡張工事援助をもぎ取りました。


中国が2000年から2017年までに
ハラレ政府に援助した額は22億ドル。



もちろん返済不能。



返せないと開き直れば中国は当然、
担保権を行使してきますが、

「じゃぁ、これでも」とジンバブエが
持ってきたのが象牙の牙35頭分。


堂々とワシントン条約違反。
そもそも法律はあっても誰も知らないし、
部族の掟にしたがうのみ。




なぜ、このようにどろどろとした
相互関係に中国は嵌り込んだのでしょうか。



答えは簡単。



冷戦時代に毛沢東革命路線を獅子吼していた中国は
ジンバブエの武装ゲリラに武器供与ばかりか、
軍事訓練をしていました。



そのゲリラの頭目がムガベ前大統領、ゲリラの
行動隊長が現大統領のムナンガグアでした。



 
中国が投じた22億ドルで、いくつかの
インフラ整備プロジェクトは進んでましたが、
どれも完成には至っていないのが現状で、
途中でお金が消える。


末端に労賃が行かなければ、
労働者は集まらず工事は
中断するのも当然です。


結果、外貨が払底し、ジンバブエは
ハイパーインフレとなって
暴動があちこちで起こり、

通貨は紙くずとなり、法定通貨は
ドル、人民元、ポンド、日本円となりました。


中国は金銀ニッケル鉱山を抑えていますが、
現場は治安が悪く、工事が出来ない状態が続き、
ついに中国はジンバブエ援助を中断します。

 
11月9日、ようやく駐ハラレ中国大使は
ジンバブエに帰還しましたが、「つなぎ融資」は
たったの1000万ドル。


中国側が敬遠するということに驚きます。


それでは、本日もブログアップを致しましたので
宜しくお願い致します。



c0078587_19033190.jpg
c0078587_19021198.jpg






1910’s US.Army Dough Boy Shirt
Size:approx.-16 29980-yen +Tax
c0078587_19064336.jpg
c0078587_19064356.jpg
c0078587_19064270.jpg
c0078587_19064355.jpg
c0078587_19064349.jpg
c0078587_19064237.jpg
c0078587_19064246.jpg
本日は、滅多にお目にかかれない100年前のシャツ、
M-1916ウールシャツのご紹介です!

1910年代から、
アメリカ陸軍兵士、海兵隊兵士のことを、
DoughBoyと呼んでいました。


実際にそう呼ばれていた起源については、
不明のようですが、1940年代初頭までは、
主に歩兵をこのように呼んでいたそうです。


それに因み、アメリカでは
このアイテムをDoughBoy
シャツと呼んでいます。


1910’s US.Army Dough Boy Shirt
Size:approx.-15-1/2 29980-yen +Tax
c0078587_19071821.jpg
c0078587_19071807.jpg
c0078587_19071810.jpg
c0078587_19071792.jpg
c0078587_19071733.jpg
c0078587_19071841.jpg
c0078587_19071750.jpg
第一次世界大戦のミリタリーシャツは、
プルオーヴァータイプで作られて
いるのが特徴で、

僕達が馴染んでいるフルオープンの
シャツは、1920年代ごろから誕生します。



冬季に使用されるシャツは、
フランネルウールを使っていますが、
今の物と違って、

少し粗い質感のウールが
ポイントとなります。

1910’s US.Army Dough Boy Shirt
Size:approx.-15 29980-yen +Tax
c0078587_19033136.jpg

c0078587_19033197.jpg
c0078587_19055156.jpg
c0078587_19033258.jpg
c0078587_19033253.jpg
c0078587_19033374.jpg
c0078587_19033115.jpg
c0078587_19055033.jpg


また、100年前の物となりますので、
色目の出し方や、ウールの毛足など、
手作業によって作られている物が多いためか、

c0078587_19021115.jpg
生地が均一しておらず、同じモデルの
シャツではありますが、それぞれに
違いが見られ、個性を感じるのが特徴です!


1910’s US.Army Dough Boy Shirt
Size:approx.-15 24980-yen +Tax
c0078587_19110818.jpg
c0078587_19110856.jpg
c0078587_19110801.jpg
c0078587_19110925.jpg
c0078587_19110903.jpg
c0078587_19110988.jpg
c0078587_19110998.jpg
フロントには大き目のチェストポケットが
2つ装備され、実用的なデザインで仕上がり、
エルボー部分には擦れが激しいところなので、

ダブルクロスの仕上がりになっているのですが、
その形状も目を惹くポイントですね!
c0078587_19033294.jpg

c0078587_19033322.jpg
手作業でやっていることが伝わる
少し歪な円形のエルボークロスのデザインで、

この見た目と雰囲気に時代を感じ、また、
後の時代のシャツにはない特徴といえます!


c0078587_19033202.jpg
ネック下のスリットは深めにとってあり、
着脱が容易に考えられています。
c0078587_19055064.jpg


ここを開けると内側には、
補強と防風を兼ねたコットン
スレーキが張られているのも、
面白いポイントですね!




新素材などが開発されていないこの時代では、
その分、人の手間が加わった作りが見られ、
温度を感じるアイテムと言うのが良いですね。






1910’s US.Army Dough Boy Shirt
Size:approx.-14-1/2 24980-yen +Tax
c0078587_19082924.jpg
c0078587_19083036.jpg
c0078587_19082923.jpg
c0078587_19082986.jpg
c0078587_19083079.jpg
c0078587_19083089.jpg
c0078587_19083087.jpg

100年前の時代の物なので残っていること自体、
ある意味奇跡的と言えるものなのですが、

これだけの数が集まっており、更に、
コンディションも驚くほど綺麗な物も
ございます。


第二次世界大戦の時でさえ、
現代の日本人の平均身長より、
アメリカ人は小さかったようなので、

第一次世界大戦の時のアイテムで、
サイズも様々なものがあるのも
嬉しいポイントです。


1910’s US.Army Dough Boy Shirt
Size:approx.-15-1/2 16980-yen +Tax
c0078587_19085783.jpg
c0078587_19085995.jpg
c0078587_19085851.jpg
c0078587_19085897.jpg
c0078587_19085894.jpg
c0078587_19085864.jpg
c0078587_19085923.jpg
c0078587_19085836.jpg
フルオープンのシャツより、
少し肩の力が抜けた印象を
受けるプルオーヴァーシャツは、

ファッションアイテムとしても
オシャレさを演出するには
もってこいのデザインで、

普段使いとしても
大活躍すると思います!



使ってみると、その雰囲気に特別感も
感じていただけ、ヴィンテージのよさを
より深く理解していただけるのではないでしょうか。


ヴィンテージというより、アンティークという言葉が
当てはまるぐらい、雰囲気のある当時の実物を、
興味のある方は、是非、お試しください!
c0078587_19301705.jpg


最後まで、ご覧いただきまして
誠にありがとうございました!

明日も、皆様のご来店を、心より
お待ちしております。


神戸店 伊藤でした




c0078587_19195838.jpg



magnets torwest Instagram.









*通販をご希望のお客様は。。。



1)ご希望商品名

2)ご希望商品の価格

3)お名前、ご住所、電話番号、



を、ご記入の上、




まで、ご連絡くださいね!






ご注意)

※店頭にて、同時販売している商品になりますので、
在庫切れになる場合も御座います事を、ご了承くださいませ。

※ヴィンテージ入荷日、スーペリア入荷日に
入荷する商品は、対象外となります。


※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

御了承くださいませ。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright (c) 2018 magnets Co. All Rights Reserved.
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━



by magnetsco | 2019-11-14 21:39 | KOBE店 | Comments(0)