magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧
更新通知を受け取る

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(3546)
(2789)
(2444)
(1577)
(1308)
(1145)
(717)
(716)
(684)
(669)
(619)
(471)
(456)
(360)
(326)
(283)
(204)
(179)
(108)
(35)
(8)
(6)
(3)
(2)
(2)
(2)
(2)
(2)
(1)
(1)
(1)
(1)
(1)

最新の記事

マグネッツ神戸店 8/8(土..
at 2020-08-06 22:00
マグネッツ神戸店 8/8(土..
at 2020-08-06 21:43
8月8日(土)マグネッツ大阪..
at 2020-08-05 19:30

最新のコメント

Mr.T 様 こん..
by magnetsco at 18:24
70's "Towncr..
by Mr.T at 08:54
 世界中を巻き込んだ今回..
by desire_san at 19:48
Golazo!様。 ..
by magnetsco at 12:39
B-7!!!!! しか..
by Golazo! at 03:19

以前の記事

2020年 08月
2020年 07月
2020年 06月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

ファッション
メンズファッション

画像一覧

トラッドの元祖といえば。。

トラッドの元祖、ブルックス・ブラザーズ

 1818年、ヘンリー・サンズ・ブルックスが当時人口4万人ほどだったニューヨークの港近くに、英国から買ってくる服と英国製服地での仕立服を手がける紳士衣料品店(HSブルックス商会)として創業したのがブルックス・ブラザーズの始まりです。

 「最高品質の商品をそれを愛する人達に手渡す」という独特の方針を持ち、短期間に町の人々の信頼を得ました。そして、その方針は4人の息子たちに受け継がれていく事となります。
 父の方針を貫く4人はロンドンやパリのダンディ趣味をただアメリカに持ち込むだけでなく、自由な精神を持つアメリカ人に合った新しいスタイルの服の製作に取り組んでいきます。
 この取り組みが後に、トラッドを産んでいった事になるのでしょう。

 1850年にブルックス・ブラザーズに社名を改め、1903年には法人化(株式会社)へと発展させていきます。この間、アメリカは豊かな資源と労働力に支えられ、市場は拡大し、順調に発展をとげていきます。
 そして、ブルックス・ブラザーズも紳士服業界のトップリーダーとしてアメリカの歴史の桧舞台へ登りはじめる事となります。

 この頃ニューヨークは、人口約100万人の全米一の大都市へと変貌を遂げました。

ブルックス・ブラザーズの画期的なアイテム

 その後は皆さんご承知の通り、様々なトラッドアイテムを誕生させていきます。
  ブルックス・ブラザーズが生んだ画期的なアイテムを紹介します。
● Ⅰ型スーツ
● ポロカラーシャツ(いわゆるボタンダウンですが、ブルックス・ブラザーズではこう呼んで います)
● 男性用のピンクのシャツ
● コットンスーツ
● ラウンドカラーシャツ
● アーガイル柄の靴下  などなど・・・。
 今では、当り前のアイテムですが、発売当時はどれもセンセーショナルだったことが、うかがえます。ピンクのシャツは、発表当時アメリカ男性諸氏に大人気を呼んだアイテムだったそうです。
 「この世に初めて男性にピンクを」という発想も、ブルックスならではのものと言えるでしょうね。

トラッドの元祖といえば。。_c0078587_2314466.jpg

今回、入荷分は黄色です。しかし、現在玉数の少なくなってきた6個ボタンのUSメイド!!
プライスの方も、最近の相場を考えると破格の¥2.980-です。早い者勝ちですね。。

その昔、アメリカの新人jazz menはステージデビューの時には決まって、

ブルックスのスーツとこのシャツを着たそうです。

今回は、少しまじめにしてみました、大野でした。



PS:T君、 K君 友達とちゃんと仲直りしなさい!!

   それと、いつも差し入れありがとうなぁ~
by magnetsco | 2007-08-31 23:10 | Comments(0)