magnets blogs    What`s New


by magnetsco

プロフィールを見る
画像一覧

ブログパーツ

Link

カテゴリ

全体
OSAKA店
KOBE店
バイヤー日記
告知
Sound&Music
未分類

タグ

(2412)
(2083)
(1777)
(1136)
(879)
(866)
(530)
(514)
(506)
(497)
(454)
(343)
(298)
(234)
(228)
(223)
(161)
(161)
(77)
(33)

最新の記事

2月24日(土)大阪店スーペ..
at 2018-02-23 20:30
2月24日(土)大阪店スーペ..
at 2018-02-23 18:01
2月24日(土)大阪店スーペ..
at 2018-02-23 16:12

最新のコメント

通販希望です様。 ..
by magnetsco at 16:44
はじめまして。 どこに..
by 購入希望です at 19:50
shin様。 お世話に..
by magnetsco at 15:19
40's U.S.M.A..
by shin at 00:21
ヨシさま、こんばんは!僕..
by magnets-vintage at 20:20

以前の記事

2018年 02月
2018年 01月
2017年 12月
more...

検索

ファン

記事ランキング

ブログジャンル

インテリア・収納
メンズファッション

画像一覧

タグ:Cordinate ( 506 ) タグの人気記事

その表情はオリジナルの勲章!?M-51!!(大阪アメ村店)

c0078587_21591675.jpg

こんにちは。
マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

本日はマグネッツ定休日となります。
お間違いのないようにお願い致します。

本日はブログアップのみとなりますが、
昨日御紹介致しましたミリタリージャケット、
M-1965の前身になるこちらも名作。
c0078587_19144368.jpg

c0078587_1914535.jpg

c0078587_19145980.jpg

50's U.S.Army M-51 Field JKT Size:S-Long Price:6980yen+TAX
c0078587_191554100.jpg

c0078587_1916447.jpg

c0078587_1454426.jpg

c0078587_1455395.jpg

c0078587_1455946.jpg


50's U.S.Army M-51 Filed JKT Size:S-Short Price:6980yen+TAX
c0078587_1461134.jpg

c0078587_1462136.jpg

c0078587_1462823.jpg

c0078587_1463725.jpg

c0078587_1464176.jpg

c0078587_1465226.jpg

50年代の朝鮮戦争を戦い抜いた米軍野戦服
M-51フィールドジャケット。

前身となる開襟タイプのM-43とは異なり、
フロントジッパーが首元まで伸び、小さめの襟付きが特徴的です。
c0078587_1484458.jpg

c0078587_1501220.jpg

素材は、M-43から継続してコットンサテンを使用しており、
経年のステッチのアタリが随所に見られ、
良い表情を出しているのも、こちらもオリジナルの勲章と言えます。

4つポケのデザインに、
フラップ部分は、ボタンからスナップ仕様に変更になっております。
c0078587_1491664.jpg

c0078587_1502928.jpg

ドローコードは、
ウエスト部分においては外に出るように改良されており、
裾にも付属するようになりました。
c0078587_1494357.jpg

c0078587_1495613.jpg

M-65の2ndモデルまで採用される袖マチも、
前身のM-51では当然ながら備わっており、
古いヴィンテージらしいディテールを楽しめますね。
c0078587_1504780.jpg

c0078587_150577.jpg

c0078587_151629.jpg

今季も注目度は高いUSミリタリーのフィールドジャケット、
本物を自分らしく楽しんで頂けたらと思います。

気になられました方は、
まずマグネッツで一度お気軽にお試し下さいませ。
50's U.S.Army M-51 Field JKT Size:M-Short Price:7980yen+TAX
c0078587_147787.jpg

c0078587_1471774.jpg

c0078587_1472461.jpg

c0078587_1473115.jpg

c0078587_1473546.jpg

c0078587_1474197.jpg


50's U.S.Army M-51 Field JKT Size:About M-XShort Price:7980yen+TAX
c0078587_1475618.jpg

c0078587_148546.jpg

c0078587_1481164.jpg

c0078587_1481941.jpg

c0078587_1915184.jpg


また明日から皆様のご来店を楽しみにお待ちしておりますので、
お時間が御座いましたら、是非マグネッツにお立ち寄り下さいませ。

大阪店 ヤスオでした


magnets OSAKA Instagram.


商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osakaもしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-09-05 12:30 | OSAKA店 | Comments(0)

U.S.Militaryの最高傑作!!(大阪アメ村店)

c0078587_21591675.jpg

こんにちは。
マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

本日もブログアップを行なって参りますので、
宜しければ、お付き合い下さいませ。

段々と涼しくなってきて、
羽織り物を探し出された方が多い中、
今季もやはりこのジャケットから目が離せません!
c0078587_13481184.jpg

c0078587_13481896.jpg

c0078587_13393896.jpg

60's U.S.Army M-65 Field JKT Size:About M-Long Price:9980yen+TAX
c0078587_1340842.jpg

c0078587_13401570.jpg

c0078587_13402194.jpg

c0078587_13404975.jpg

c0078587_13405799.jpg


60's U.S.Army M-65 Filed JKT Size:S-Regular Price:7980yen+TAX
c0078587_13411016.jpg

c0078587_13411667.jpg

c0078587_13412271.jpg

c0078587_13413081.jpg

c0078587_13414550.jpg

c0078587_13415143.jpg

ミリタリーの代名詞と言える
U.S.Army M-65 Field JKT

定番でありながら、いつ見てもカッコ良い完成度の高さ。
一着は手にしておきたいアウターではないでしょうか。

米軍の中での当時の最高傑作と評されたジャケットで、
初めてナイロン/コットン生地を使い、
速乾性も考えられたアウターとなります。

その後30年以上軍でも採用され、
他国でも似たデザインが使用され、
ミリタリージャケットの中でもっとも有名で実用性のあるアイテムです。

更にミリタリーを越えて、
数々の著名人も映画等で着用し、
ファッションシーンに強く根付いたM-65

年々オリジナルの固体数が少なり希少価値は高まる一方ですが、
マグネッツでは全て実物品にて今季も展開。

経年が魅せる褪色感、アタリ、
ダメージさえも味わい深い表情に仕上っており、
カッコ良く身に纏って頂けます!
c0078587_13452396.jpg

1st~4thモデルまで存在するM-65の特徴ですが、
それまでのモデルの襟付きからジッパー付きのスタンドカラーに変更。
雨天時には、その中に仕込まれたフードを使用出来る様になっています。
c0078587_13453055.jpg

c0078587_13453876.jpg

本日紹介のM-65は、
アルミジッパー採用が特徴の稀少な2ndモデルの6点ですが、
3rdモデルから、当時ジッパーが雨等で酸化し、稼動が鈍くなる事を防ぐ為、
ブラス(真鍮)ジッパーに変更となっています。
c0078587_1345509.jpg

ODのボディに映え、無骨さが増すアルミジッパーが、
襟、フロントに贅沢に使用されています。
c0078587_13494652.jpg

また、エポレット搭載もこの2ndモデルから復活したの特徴的なディテールですね。
c0078587_1346590.jpg

また、
カフスにはベルクロを採用して簡単に調節出来る様になりました。
2ndモデルでは三角マチも付いており、
細かい部分までのディテールも非常に凝っています。
c0078587_13461723.jpg

袖の内側には手の甲を守る三角フラップが備わっており、
このディテールもまたミリタリーならではの非常に乙なポイントではないでしょうか。
c0078587_13462374.jpg

c0078587_13463062.jpg

フロントは収納力の高い4つポケタイプの継承し、
デザイン性の高いフィールドジャケットに仕上っています。
c0078587_13465831.jpg

ボディの内側は、
ライニングを装備出来るようにボタンが設けられ、
裾は風を侵入等をなるべく防げ、広がりを抑えるドローコードが備わっています。
c0078587_1347913.jpg

c0078587_13471741.jpg

c0078587_1347308.jpg

着てより分かるこのジャケットの良さ。
まだお持ちになられていなかった方も、
是非店頭で一度お試し下さいませ。
60's U.S.Army M-65 Filed JKT Size:About S-Regular Price:7980yen+TAX
c0078587_1343935.jpg

c0078587_13432465.jpg

c0078587_13433241.jpg


60's U.S.Army M-65 Filed JKT Size:About S-Regular Price:7980yen+TAX
c0078587_13434665.jpg

c0078587_13435360.jpg

c0078587_13441346.jpg


60's U.S.Army M-65 Filed JKT Size:About S-Long Price:7980yen+TAX
c0078587_13443199.jpg

c0078587_13443736.jpg

c0078587_13444337.jpg

c0078587_13485526.jpg

最後までありがとうございました。


本日もお時間が御座いましたら、
是非マグネッツにお立ち寄り下さいませ。

皆様のご来店を楽しみにお待ちしております。

大阪店 ヤスオ


magnets OSAKA Instagram.


商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osakaもしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-09-04 13:52 | OSAKA店 | Comments(0)

スマートラインのミリタリーパンツ! (T.W.神戸店)

c0078587_13043373.jpg

c0078587_13100369.jpg
こんにちは、神戸店 伊藤です。

本日ご紹介のアイテムは、当店に通ってくださっている
皆様には、御馴染みのこちらのアイテムです!

これからの季節には、特に活躍させていただける
ミリタリースリムカーゴパンツになります!

このパンツ、今まで迷彩を敬遠されていた
大人の方に、特に人気のアイテムで、
もともとのラインの緩さがミリタリー色を強めてしまい
普段穿きからは、外されていた方々には、
ピッタリのアイテムです!

c0078587_13103433.jpg
ワタリを程よくシェイプして、更に膝下から
綺麗なテーパードを描いた1本は
すっきりとしたラインで仕上がっており
迷彩アイテムでありながら、トラッドな
アイテムとも、合わせていただける程です。
股上も、浅めにリビルドされています!


お客様の中には、パターン違いで揃えていただいている方もおられ
大変使いやすいカーゴパンツとなります!

c0078587_13112357.jpg
c0078587_13112200.jpg
一旦バラした後、組み立てる手間のかかる作業なのですが、
アイテムは1本1本手作業で仕上られ、見事な出来栄えとなっています!
ダブルステッチで縫製され、拘りある皆様にも
納得の1本だと思います!

普段個人でリビルドすると、高額な費用がかかってしまうのですが
手の出しやすい、プライスと言うのも、嬉しい利点ではないでしょうか!


U.S.Army Rebuild Slim Cargo Pants "Woodland"

Size:S,M

5980-yen +Tax


c0078587_13320397.jpg


c0078587_13160545.jpg
c0078587_13121371.jpg
c0078587_13121203.jpg
c0078587_13121083.jpg
ウッドランドカモフラージュは
1981年に制式採用された事から
M-1981 WOODLAND CAMOUFLAGE PATTERNと
呼称されています。

その名の通り森林地帯を想定したもので、
ベトナム戦争終了後、次なる危機的地域として注目された
冷戦下の東西ドイツと、その周辺のヨーロッパ諸国での使用を
想定してデザインされたパターンで、


基本的にはベトナム戦争で使用されたERDLパターン、
熱帯地域用として1970年代後半から1980年代中期まで多用された
RDF(Rapid Deployment Force)パターン(=LC-1)を拡大したデザインで、
アメリカ軍の使用するミルスペックのカモフラージュカラーコードのうち
4色で構成されており、


その内訳はBLACK357、BROWN356、DARK GREEN355、
LIGHT GREEN354の4色となっています。


このパターンは多くの国で模倣された他、
アメリカ軍の支援物資として
アフガニスタン国軍などで使用されており、


類似パターンを使用する国家にはアルゼンチン、
ボリビア、カンボジア、チリ、エクアドル、エルサルバドル、
グアテマラ、ホンジュラス、メキシコ、ペルー、オランダ、
フィリピン、韓国、中国、タイ、トルコ、アフガニスタンなどが挙げられ、


アメリカ国内でもナショナルガード(州兵)や
コーストガード(沿岸警備隊)、SWAT、DEAなど
本当に、多数の国、機関で採用される
迷彩を代表するパターンとなりました。

c0078587_13121300.jpg
それに、ただ見るだけでは、わからないことなのですが、
プリントの染料には、1980年代より急速に発達していく
夜間戦装備、取り分け近赤外線
イメージコンバーター(暗視装置)への
対策が施されています。

これはプリントに、infrared-brightened dyesという
染料が使われており、
これにより周囲の環境が放射する赤外線と
同じレベルに兵士が溶け込む事が可能となっています。


この事から、BDUやそれに準じる性能の戦闘服への
アイロンがけ、糊付けなどのクリーニング措置は
禁止されることとなりました。
(昔のユニフォームで糊付けされているアイテムを
ご覧になった方も沢山いらっしゃると思いますが
それが禁止になりました)


このBDUが軍事行動で本格的に投入されたのは
1983年のグレナダ侵攻作戦で、

アメリカの在グレナダ邦人救出を目的とした
軍事行動アージェント・フュリー作戦では
多くの部隊がBDUを使用していました。



それから年月が経ち、
アメリカ海兵隊では2001年6月に新型デジタル迷彩の
MARPATが採用されると2004年10月1日までにMARPATに完全移行され
陸軍では2005年~2007年の間にACUに移行が行われ、
海軍、空軍もこれに続き、ウッドランドの役目は、
一般的には、終えることとなります。
c0078587_13121292.jpg
c0078587_13121230.jpg
c0078587_13121123.jpg
c0078587_13121131.jpg
c0078587_13152161.jpg
c0078587_13152117.jpg

U.S.Army Rebuild Slim Cargo Pants "UCP"

Size:M

5980-yen +Tax

c0078587_13282533.jpg
c0078587_13190176.jpg
c0078587_13190164.jpg
c0078587_13190173.jpg
c0078587_13190263.jpg
UCPカモのアイテムとなります!

アメリカ陸軍で、使用されているACU(Army Combat Uniform)に組み込まれていた
UCP(Universal Camouflage Pattern)と呼ばれるデジタルカモで、
ご存知の方も沢山いらっしゃると思います!


このカモは、2005年4月から配備を開始され
森林・砂漠・雪上・都市・夜間などの
あらゆる環境に対応可能な迷彩であり

静止状態では目立たないが
移動した際に目立つ黒系統の色を
一切使用しないことや、

背景に溶け込むというより
目の印象に残らないように
計算された配色であることが大きな特徴になっています。

c0078587_13201811.jpg
ですが、2003年ごろからのアフガニスタンでの米軍の活動で
砂漠や、岩肌が圧倒的に多い地形では、迷彩率
乏しかったようで、2009年ごろから、兵士たちが
UCPと最終選考まで、争った民間開発の迷彩
マルチカムを使用しだし、こちらのほうが迷彩効果が
高いとのことで、返り咲きで、マルチカムもACUに組み込まれるようになりました。


このことがきっかけとなり、このモダンなデジタルカモである
UCPですが、2015年7月31日をもって廃止となり、翌日の8月1日から
新しくスコーピオンW2と言う、迷彩が採用される事となります。

兵士が着ているUCPは、使用できなくなって交換するときに
随時、スコーピオンW2を配給していくとのことです。

実戦では、実用として期待した成果が発揮できなかった
カモになりますが、ファッションアイテムとして、色味がないこの
配色が、どんな色目の服とも合わせ易く、温度を感じない見た目は
モードなテイストにもはまります。


ようやく一般の方にも、このデジタルカモって浸透してきたんじゃないかな?
と感じていたところだったんですが、もう廃止になって2年以上が経過しています。

生産はされていないので、希少性が高くなっていくのは確実です。
それに加えて、現在製造されて残っているUCPの
アイテムは、物によって選別されますが、コヨーテブラウンに染め直されて、
在庫がなくなるまで、使用するそうです。
c0078587_13215588.jpg
c0078587_13215654.jpg
c0078587_13215692.jpg





U.S.M.C. Rebuild Slim Cargo Pants "Desert MARPAT"

Size:S,M

5980-yen +Tax

c0078587_13274083.jpg
c0078587_13235048.jpg
c0078587_13235086.jpg
c0078587_13245422.jpg
c0078587_13235197.jpg
2001年に戦場でのテストを開始し、
2002年には海兵隊で支給が始まり
デジタルカモをアメリカ軍で
一番先に取り入れた海兵隊のデザートマーパットです。


MARPAT開発には1980年頃より
コンピュータ・デザインを開発していた
カナダ政府よりアメリカは開発支援を受けており、

MARPATはカナダ軍の「CADPAT」の
色を変更したデザインとなっています。



MARPAT開発を担当した海兵隊のデザインチームは、
「CADPAT」生成パターンである
フラクタル方程式(万物のデザイン)を基礎に
150種類以上の迷彩パターンを考えました。


c0078587_13254134.jpg
米軍の迷彩はいかに印象に残さないようにするかを、
色を組み合わせることにより
認識力を落とすよう考慮されています。


さらにはデジタル処理されたパターンの
組み合わせを行い、ナイトビジョンや
光学機器からも迷彩効果による
回避を目的としています。


上記の目標を満たす3種類のサンプルが
選ばれたのが「タイガーストライプ」と
ローデシア軍の迷彩や、イギリス軍の使用する
「DPM」と言った古いデザインだったそうです。


これらの3つのサンプルを現代の技術で、
より自然の環境に馴染みやすく効果を
均一化できるよう新しい形や独自のカラーブレンドを
使用して再構築したのがMARPATです。
c0078587_13260788.jpg
c0078587_13260658.jpg
c0078587_13260720.jpg
c0078587_13260616.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございました。
本日も皆様の御来店を心より、お待ちしております!


神戸店 伊藤でした


magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。 ※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-09-03 14:03 | KOBE店 | Comments(0)

襟がないから新鮮です! (T.W.神戸店)

c0078587_13292787.jpg

こんにちは、神戸店 伊藤です。

今日から9月に突入で、
秋シーズン到来となります!

2017年度も、やっとこの季節がやってまいりました!

これからは、着れる服の幅がぐっと広がり、
何を選ぶか、頭を悩ませるところですが、
それこそが楽しいところですね!


それでは、本日もブログアップを致しましたので、
良ければご覧になってください!

よろしくお願い致します!



c0078587_13305616.jpg


5Brother Rebuild DuckHunter Camo
Flannel Pirates Shirt


Size:about-L

3980-yen +Tax
c0078587_13305571.jpg
c0078587_13305614.jpg
c0078587_13333341.jpg
c0078587_13421622.jpg
本日ご紹介のアイテムは、ユニークなこちらの
一品になります!

フランネルのパイレーツシャツになります!

マグネッツのリビルドアイテムで、
元々フルオープンだった
ダックハンターカモのボディーを閉じて、
レースアップ仕様に仕立て直した一品です。


その際に、襟をカットし、ご覧のようなラフに
扱っていただけるネックラインに仕上ています!


こういったネックラインのシャツは、
数が少なく、またアイテムもベースボールシャツや、
ボーイスカウトシャツなど、限られた物でしか、
見られないですよね。
c0078587_13305849.jpg
c0078587_13305506.jpg

カモ柄のフランネルで、このデザインは
かなり新鮮に感じていただけるのではないでしょうか?


使用しているレースもレザーを使っているので、
土臭いボディーに、良い雰囲気で馴染んでいます。

c0078587_13305798.jpg
c0078587_13305702.jpg
そして、サイドには、着脱がしやすいように、
ジッパーを装備していますので、使い勝手が
段違いにアップしています!


横幅が広い、Lサイズ程の身幅の物で仕上ており、
ルーズに緩く着れる旬なサイズ感となっています。

今季のコーディネートには
特に使いやすいのではないでしょうか。

勿論、これぐらいがジャストサイズという方も
お試しください!



かなり手の込んだ作りとなりますが、
コスパが非常によく、満足感を
得ていただける一品です!

コーディネートもしてみましたので、
良ければご覧になってください!
c0078587_13305836.jpg
c0078587_13305743.jpg
c0078587_13333233.jpg


c0078587_13292669.jpg


c0078587_13421611.jpg





Cabelas Rebuild DuckHunter Camo
Flannel Pirates Shirt

Size:about-L

3980-yen +Tax
c0078587_13333275.jpg
c0078587_13341708.jpg
c0078587_13333265.jpg
c0078587_13333471.jpg
c0078587_13333468.jpg
c0078587_13333414.jpg
c0078587_13350885.jpg

c0078587_13333374.jpg
Carhartt Rebuild DuckHunter Camo
Flannel Pirates Shirt

Size:about-L

3980-yen +Tax



c0078587_13350846.jpg
c0078587_13350951.jpg
c0078587_13350757.jpg
c0078587_13350783.jpg
c0078587_13350797.jpg
c0078587_13350608.jpg
c0078587_13350989.jpg
c0078587_13350967.jpg

Rebuild DuckHunter Camo Flannel Pirates Shirt

Size:about-L

3980-yen +Tax



c0078587_13365529.jpg
c0078587_13365545.jpg
c0078587_13365461.jpg
c0078587_13365300.jpg
c0078587_13365674.jpg
c0078587_13365576.jpg
Rebuild DuckHunter Camo Flannel Pirates Shirt

Size:about-L

3980-yen +Tax
c0078587_13374630.jpg
c0078587_13374611.jpg
c0078587_13374561.jpg
c0078587_13374571.jpg
c0078587_13374769.jpg
c0078587_13374719.jpg
c0078587_13374646.jpg


最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。
本日も、皆様の御来店を心より、お待ちしております!

神戸店 伊藤でした




magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、
magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。

※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-09-01 13:53 | KOBE店 | Comments(0)

シンボルカラーを身に纏う! (T.W.神戸店)


c0078587_12351987.jpg
こんにちは、神戸店 伊藤です。

あっと言う間に8月も今日を残すのみのとなりました。
この夏は皆様、楽しめましたか?

明日からは、新シーズンに入り、
本格的に秋物アイテムへと移行していきます。
大阪店では昨日からモダンミリタリーの
入荷ブログも始まり、また盛り上がりそうですね。


それでは、本日も、ブログアップの時間になりましたので、
良ければお付き合い下さいませ!


よろしくお願い致します。



c0078587_12385199.jpg
1950's U.S.A.F. A-1A Flying Shirt

Size:S

19980-yen +Tax

c0078587_12385213.jpg
c0078587_12385165.jpg
c0078587_12385141.jpg
c0078587_12385046.jpg
c0078587_12385221.jpg
c0078587_12385089.jpg
c0078587_12385314.jpg
c0078587_12401764.jpg
c0078587_12401629.jpg
c0078587_12401685.jpg




今日ご紹介のアイテムは、アメリカ空軍で
使用されたレアなヴィンテージアイテムです!

1950年代に使用されたフライングシャツ、
A-1Aになります!

モデルの記載からフライングシャツと書かれていますが、
生地使い、デザインからアウターと言って差し支えない
使い勝手のいい一品です!


当時のアウトドアのジャケットでも見られるような
4ポケットの収納性の高いデザインで、
シルエットは、上から羽織るのに適した
クセのないシンプルな形状をしています!


この当時の空軍を象徴するセージブルー、
通称エアフォースブルーを採用したジャケットは、
やはり見る目が変ってしまいます。

空軍のシンボルカラーとして誕生した
色となりますが、非常に短命に終っており、
このカラーを使った空軍アイテムはどれも
レアな扱いを受け、注目されていますね。



このジャケットには、ボトムスにハンティングニッカーのような
デザインのE-1A、そしてヘッドウェアにD-1Aという特徴的な
アイテムとセットになるのですが、当時、ハンティングウェアを
モデリングして作られたユニフォームになるかもしれない
ユニークなアイテムになります。

1950's U.S.A.F. D-1A

Size:L

5980-ye n+Tax

c0078587_12425168.jpg
c0078587_12425220.jpg
素材はウールギャバジンを使っており、
薄手のウール素材になりますので、
見た目に重さがなく、次のシーズンから、
大活躍するアイテムになると思います!

60年代からは姿を消す黒タグが備わっているのも
ポイントですね。


色目とデザインから、非常に使いやすいアイテムに
間違いがなく、更にレアというのがポイントの一品ですので、
気になる方は、是非、お試しください!



1950's U.S.A.F. A-1A Flying Shirt

Size:M

19980-yen +Tax

c0078587_12445346.jpg
c0078587_12445497.jpg
c0078587_12445416.jpg
c0078587_12445407.jpg
c0078587_12445558.jpg
c0078587_12445353.jpg



1950's U.S.A.F. A-1A Flying Shirt

Size:M

Sold Out!です。ありがとうございます。
c0078587_12455581.jpg
c0078587_12455434.jpg
c0078587_12455460.jpg
c0078587_12455337.jpg
c0078587_12455346.jpg
c0078587_12455382.jpg
c0078587_12455450.jpg
c0078587_12455530.jpg

c0078587_12351886.jpg

c0078587_12374934.jpg



最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございます。
本日も、皆様の御来店をお待ちしております!

神戸店 伊藤でした

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、
magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-08-31 12:54 | KOBE店 | Comments(0)

N.O.S.のB.D.U.!  (T.W.神戸店)


c0078587_13135122.jpg
こんにちは、神戸店 伊藤です。

気がつくと、8月も今日と明日を残すばかりとなりました。
明後日からは、9月に入り、本格的に、次シーズンへと
突入です!

朝晩の気温が穏やかになって、秋を感じ出した方も
多いのではないでしょうか。

本日は、とにかく使えるミリタリーアイテムの
ご紹介となります。
特に小柄な方は、ご注目ください!

それでは、本日もよろしくお願い致します。








1971' US.Army NOS B.D.U. JKT 4thModel

Size:XS-Regular

7980-yen +Tax
c0078587_13220771.jpg

c0078587_13143224.jpg
c0078587_13143112.jpg
c0078587_13220855.jpg


本日ご紹介は、ヴェトナム戦争の時期に
大活躍したこちらのアイテムです!

ジャングルファティーグジャケットになります!


最近のファッションアイテムとしても、大いに注目され
お探しの方も多いと思います!

4代にわたるモデルチェンジを繰り返し、
兵士の身体を守ってきた、USミリタリーウェアに於いても
重要なアイテムですね。

c0078587_13143301.jpg
c0078587_13143203.jpg


c0078587_13143214.jpg
c0078587_13205981.jpg
今回の一品は、リップストップコットンを使用した
最後の4thモデルで、ジャングルファティーグの完成形と
呼べる一品になります!

しかもデッドストックというコンディションで
入りましたので、ご注目ください!


従来のモデルまでは
ポプリンコットンを使っていたのですが、
小枝などの引っかき傷ができると
生地が解けて穴が大きくなることを考慮し、

生地の中に格子状の織をつけ
穴が広がらいないように作られました。

c0078587_13143173.jpg
c0078587_13143009.jpg

薄手のコットン生地で、非常に吸水性に
優れていることから、高温多湿な
ヴェトナムのジャングルでも、快適に使え、

兵士にも人気の高かったアイテムだけに、
残暑がこれからも続く、日本の気候では
正にピッタリなアイテムと言えるでしょう!



c0078587_13143075.jpg
特徴的なのは、チェストポケットが
内側に傾いたスラントポケット
呼ばれるデザインですね。


こうすることによってポケットに
入れたものが取り出し易くなっています。

元々は、1940年代のエアボーンの
ジャンプジャケットをベースにして作られた
ボディーというのも、ミリタリー好きからしたら、
興味を惹くポイントではないでしょうか。




デッドストックで未使用の
状態になっていることから、

使い込まれた生地とは違い、
薄手ながら硬さがあり、
色濃く残った表情をしているので、
綺麗めなスタイルにも取り入れ易く、
重宝すると思います。



また、一から育てられるという
楽しみも詰った一着になりますので、
是非、お試しください!

c0078587_13205821.jpg
c0078587_13205913.jpg



今回は、纏まった数が入りましたが、
全てXSのサイズとなっており、
ミリタリーウェアでは特に発掘するのが
難しい貴重なサイズとなりますので、

いつもサイズで、お困りだった方には、
チャンスの一枚だと思います。
是非、この機会に手に入れてください!





価格も、満足感を得ていただける
リーズナブルな設定になっていますので、
迷うことない一品です!

アメリカ本国では、この4thモデルも、
簡単には、見ることができなくなっているようで、
今後はますます、貴重なアイテムに
なることは間違いありません。

ヴェトナム戦争時期の、代表するジャケットを
手に入れてください!
c0078587_13220866.jpg

c0078587_13220688.jpg



最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございました。
本日も、皆様の御来店を心より、お待ちしております!


神戸店 伊藤でした。

magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwestもしくは、
magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-08-30 13:27 | KOBE店 | Comments(0)

秋のミリタリーも本格始動!(T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。

先日は、神戸店 秋ヴィンテージ入荷に御来店くださいました
皆様、本当にありがとうございました。

そして昨日も、お時間を作って御来店くださいました
皆様、本当にありがとうございます。

まだ8月ではありますが、いよいよ次シーズンに
突入し、着るアイテムの選択肢が一気に広がり、
皆様もより一層楽しみが増していると
思います。

本日も、秋物アイテムをご紹介させていただきますので、
良ければお付き合い下さいませ!

それではよろしくお願い致します。

c0078587_15362438.png
1940's US.Army M-43 Field JKT

Size:abouot-36

9980-yen +Tax

c0078587_13401921.jpg
c0078587_13402042.jpg
c0078587_13401856.jpg
c0078587_13401974.jpg
c0078587_13433776.jpg
c0078587_13433761.jpg
c0078587_13433691.jpg
c0078587_13433663.jpg
c0078587_13433657.jpg
c0078587_13433569.jpg
c0078587_13433885.jpg
本日ご紹介は、米軍のフィールドジャケットのご紹介です!
アパレル業界でも、デザインソースとして当たり前に
取り入れられ、ファッションアイテムとしても、
すっかり親しまれたアイテムですが、
その実物に袖を通して見たい方が、後を絶ちませんね。

時代が進むにつれ、数が少なくなっており、
手に入れることが以前と比べて、難しくなってきたなと
感じています。

時代ごとのモデルが揃っていますので、
是非、ご覧になってください!


c0078587_13412728.jpg
c0078587_13420511.jpg
まずは、第二次大戦期に、
フィールドジャケットに於いてはじめて
ハーフ丈にモデルチェンジされた
M-43フィールドジャケットになります!

今や定番になったM65や、マウンテンパーカの
原型と言えるのが、このM-1943フィールドジャケットで
腿までの丈に4つポケットのデザインをしており、

その後、何十年もモデルが変わっても
このデザインが採用され続け、果ては世界各国軍が
採用していることからも、いかに基本的機能が
しっかりしているかが分かりますね。



c0078587_13430193.jpg
素材はコットンサテンを使っており、ナイロンコットンにはない
独特の雰囲気が楽しめます!
また、第二次世界大戦中に活躍したジャケットとなると
感慨深い物がありますね。

最近ではかなり枯渇化が進み、滅多に見なくなった
ジャケットになりますので、フィールドジャケットに
興味のある方は、ぜひ試していただきたい、
ハーフ丈になった最初のモデルです!

この年代のサイズは、後の物と比べると同じサイズでも、
一回り大きめに作られているのですが、
小さなサイズの物が、滅多に出てきません。

今回のように、小さめサイズは本当に貴重なサイズとなります!


下には、M-43と変わらない見た目ですが、
ライナーを装備されるように仕様変更となった
M-50が並びます!

残念ながら、ボタンは欠損していますが、
備わっていた跡がしっかりと確認できますね。

デザイン的な違いとなるのはこのボタンが備わることだけに
なるのですが、翌年には、M-51が採用された為
一年あまりの短命なモデルで、希少価値が高い
モデルとなります。

このモデルから、サイズ表記がS,M,L,の表記へと
変わります。

1950's US.Army M-50 Field JKT

Size:S-Regular

9980-yen +Tax

c0078587_13474850.jpg
c0078587_13483300.jpg
c0078587_13474646.jpg
c0078587_13474701.jpg
c0078587_13494030.jpg
c0078587_13494180.jpg
c0078587_13494047.jpg
c0078587_13494014.jpg
c0078587_13494185.jpg
c0078587_13474834.jpg
c0078587_15302117.jpg


1950's US.Army M-51 Field JKT

Size:S-Regular

8980-yen +Tax

c0078587_13505601.jpg
c0078587_13505792.jpg
c0078587_13505697.jpg
c0078587_13505717.jpg
c0078587_13514783.jpg
c0078587_13525449.jpg
c0078587_13525433.jpg
c0078587_13525328.jpg
c0078587_13525419.jpg
50年代に入り、さらにフィールドジャケットは進化を遂げます!
フロントにジッパーが備わり、ライナーの着脱が標準装備となった
M-51フィールドジャケットとなります!



引き続きコットンサテンを使用して、
丈夫な見た目はそのままで、機能性が
向上した、コットン素材の最後のモデルとなります。

コットン生地の質感が非常に良く、パンツと合わせて
このモデルを好まれるか方も多いですね!
シワの入り方やステッチの縮みなど、
後のモデルとは、一線を画す、土臭い雰囲気が
お好みの方には、オススメのモデルです!



1950's US.Army M-51 Field JKT

Size:M-Long

7980-yen +Tax

c0078587_13542768.jpg
c0078587_13542860.jpg
c0078587_13542733.jpg

c0078587_15283947.jpg



1960's US.Army M-65 Field JKT 2nd

Size:M-Short


7980-yen +Tax

c0078587_14031167.jpg
c0078587_14031225.jpg
c0078587_14031227.jpg
c0078587_14031032.jpg
c0078587_14041758.jpg
c0078587_14050156.jpg
1960's US.Army M-65 Field JKT 2nd

Size:S-Short


7980-yen +Tax

c0078587_14145335.jpg
c0078587_14145312.jpg
c0078587_14145330.jpg
c0078587_14145253.jpg

フィールドジャケットとして、最も有名なモデルです!
軍の最高傑作と呼ばれる
M-65フィールドジャケットとなります!

襟はスタンドカラーに変更され、雨や風にも対応出来る様に
襟の中に簡易的なフードが備わるようになりました。

c0078587_14041733.jpg
また、袖口には、調節が容易に出来る様に、
ベルクロによるストラップに変更され、兵士の
負担を軽減させています。

面白い作りとなるのが、フィストカバーが備わったところです。
野外で寒い中でも、手を守るために作られたデザインで
このM-65にだけ装備されたディテールとなります。

c0078587_14050211.jpg
c0078587_14031266.jpg
c0078587_14031179.jpg
この度のものは、一番有名なセカンドモデルとなり
特徴は、このモデルから本来、ショルダーに
エポレットが備わります。


そして、首元と、メインのジッパーには
アルミ製を使っていますが
この後の3rdタイプからは、ブラス素材が使われ、
ここが大きなポイントとなります!


シルバーに輝くアルミジッパーで
探しておられる方が多いと思いますし
いろんなレプリカブランドも、このモデルを手がけており
一番、知名度の高いセカンドモデルを是非、お試しください!


因みにこのM-65は、その後、
2000年に入ってからでも作られており、
UCPカモでも、存在が確認できます。


機能性を追及し、より良い物なら
直ぐにモデルチェンジをする軍の姿勢を理解した上で
これだけ長い期間採用している事が
いかにこのジャケットの、完成度が高いかが、
お分かり頂けると思います!

下には、ブラスジッパーの3rdタイプも
ご用意できております!
トップのものは、エアボーンのワッペンがカッコイイですね!
まずは、このジャケットを試して見たい方には、
価格がやすいこちらのモデルがオススメです!


1980's US.Army M-65 Field JKT 3rd "Airborne"

Size:
S-Regular

8980-yen +Tax

c0078587_14253670.jpg
c0078587_14253677.jpg
c0078587_14253661.jpg
c0078587_14253776.jpg
c0078587_14253558.jpg
c0078587_14253860.jpg
c0078587_14253716.jpg
c0078587_14253529.jpg

1980's US.Army M-65 Field JKT 3rd

Size:
M-Regular

6980-yen +Tax

c0078587_14242489.jpg
c0078587_14242509.jpg
c0078587_14242440.jpg

1970's U.S.A.F. M-65 Field JKT 3rd

Size:
S-Long

6980-yen +Tax

c0078587_14214904.jpg
c0078587_14214818.jpg
c0078587_14222248.jpg
c0078587_15301740.jpg


US.Army M-65 Field JKT Woodland

Size:S-Short


6980-yen +Tax

c0078587_13580507.jpg
c0078587_13580604.jpg
c0078587_13580768.jpg
c0078587_13580552.jpg
こちらは、80年代頃から登場した、
ウッドランドカモバージョンとなる
M-65フィールドジャケットとなります!

M-65フィールドジャケットが誕生して
20年ほど経ってからの登場となりますが
こちらも、現在では、見かけられなくなってきました!

c0078587_13584735.jpg
c0078587_13584727.jpg
しかも、マグネッツで入荷しているのは、
ブラスジッパーを使った3rdモデルとなりますので、
その数は、少なく貴重となります!
c0078587_13591168.jpg
c0078587_13591128.jpg
c0078587_13591162.jpg
c0078587_15301969.jpg

最後まで、ご覧頂きまして誠にありがとうございました。
本日も皆様の御来店を心よりお待ちしております!


神戸店 伊藤でした



magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-08-28 15:39 | KOBE店 | Comments(0)

オペレーション・オーバーロード!(大阪アメ村店)

1944年6月6日、

第二次世界大戦中にナチス・ドイツ占領下のヨーロッパに、
連合国軍が侵攻を開始した
オペレーション・オーバーロード(ノルマンディ上陸作戦)決行日。
c0078587_22273920.jpg

"D-Day"

当初1944年6月5日に設定されたが、
悪天候により連合軍最高司令官ドワイト・D・アイゼンハワー元帥は、
翌日6月6日に作戦を延期。

その作戦の先手必勝となるべく、
西側の初陣を任されたのが、アメリカ軍屈指のエリート集団
c0078587_22234514.jpg

c0078587_2224594.jpg

第82空挺師団 デトロイト作戦
c0078587_22175486.jpg

c0078587_222556100.jpg

第101空挺師団 シカゴ作戦

飛行機から自発的に飛び出し、
海岸付近のドイツ軍を攪乱し、反撃行動を妨害し、
上陸部隊の内陸進攻支援の為、トンガ作戦を開始。
c0078587_22402395.jpg

ノルマンディー地方の西方、ユタ・ビーチのあるコタンタン半島には、
米第82および第101空挺師団が降下したが、任務は困難に遭遇した。

一部はパイロットの経験不足で、
また一部は、降下困難な着陸地点のため、
部隊は広い範囲に散らばって降下。

ドイツ軍は空挺部隊の行動を阻むために、
この地方の川をせき止めて沼にし、
少なくない数の兵士が、これらの沼に降下。

また輸送機から飛び出すのが遅すぎた者たちは、
海に降下して溺死した。

24時間後、第101空挺師団のうち3,000名だけが集合でき、
多くが敵の後方を歩き回り戦うことを継続させられた。

第82空挺師団は、6月6日の早朝に、
サント=メール=エグリーズの街を占領し、
同地は侵攻によって解放された最初の街となった。
WWII U.S.Army Airborne M-1942 Paratrooper Jump JKT Size:About 38 Price:99980yen+TAX
c0078587_15324148.jpg

c0078587_15324914.jpg

c0078587_15325920.jpg

陸軍の少数精鋭で結成された
エリート空挺部隊"エアボーン"が着用する為、
その数は当時から絶対的に弾数が少なく、
その当時のオリジナル品においては、現在プレミアの付くミリタリージャケット。

正式名称:Coat, Parachute Jumper

M-1942ジャンプジャケット、エアボーンジャケット、パラトルーパージャケット
と呼ばれるWWIIの米軍ジャケットになります。

その現存数の少なさとは裏腹に、
数々の有名な映画等でも度々取り上げられ、
人気は急激に高くなっており、
オリジナル品は、世界中で非常に価格高騰が著しいアイテムとなります。
c0078587_20273899.jpg

アメリカの空挺部隊の構想は1940年から具体化しましたが、
空挺部隊の服装は当初オーバーオールタイプの降下服が考案されました。

その後、M-1941タイプと呼ばれる4ポケットのジャケットタイプになり、
最終型のこのM-1942に至ります。
c0078587_20355112.jpg

c0078587_20361451.jpg

空襲を武器とするエアボーン部隊では、
降下の邪魔にならないようにシルエットは細身にできており、
フロントジッパーのディテールで、背面は、動き易いように、
縦長のプリーツが3カ所に切り込まれます。
c0078587_20284958.jpg

c0078587_202910100.jpg

腰には布製のベルトが付いていますが、外されて使用されていることが多く、
今回のように欠損という事が殆どです。

ジャンプジャケットの最大の特徴的な形状の
斜めにカットされたプリーツの付いた4つの大型ポケットはドットボタン開閉、
なるべき物が多く入るように設計されている点は、M-41からの改良点となります。
c0078587_20301055.jpg

c0078587_20302592.jpg

c0078587_20303443.jpg

c0078587_20304120.jpg

c0078587_20305163.jpg

胸の部分には隠しポケットが作られ、
スイッチブレードナイフが収納されます。
c0078587_2031232.jpg

c0078587_20311366.jpg

このナイフはパラシュートが木に引っかかった時に、
切り離す為に絶対に携帯しなくてはならない為、
ジャンプジャケットならではの収納ポケットとなります。
c0078587_20312225.jpg

c0078587_20313010.jpg

c0078587_20313977.jpg

素材は明るいカーキ地のコットンツイルが採用されますが、
実戦でジャケットの生地が弱く、裂けてしまう事や、
ポケットが重量に耐えられずに破損してしまった弱点が露呈され、
一時期、エアボーンのジャンプスーツは回収され、
補強でエルボーパッチ等が加わった
M-42ジャンプジャケットモディファイの存在も確認されています。

この一着は、オリジナルにして非常に珍しく、
独特の手触りのウールサージにリネンを混ぜたようなファブリックが採用されております。
c0078587_2033355.jpg

また、画像でもご確認頂ける通り、
焼けによる物ではなく、製造段階でジャケットの上部、下部、ポケット等、
色の異なる生地によって仕上がった2トーンのように仕上がったいる点が、
非常に興味深く、珍しく感じます。
c0078587_20334589.jpg

c0078587_2034139.jpg

c0078587_2034981.jpg

c0078587_20343785.jpg

c0078587_20344568.jpg

c0078587_2035979.jpg


着用してみてもその独自のディテール、デザインは唯一無二でカッコ良く、
迫力のある雰囲気を楽しんで頂けそうです。
c0078587_2250544.jpg

c0078587_22503134.jpg

c0078587_22511620.jpg

c0078587_22512987.jpg

c0078587_22514740.jpg


最後までありがとうございました。

本日も皆様のご来店を楽しみにお待ちしております。

大阪店 ヤスオでした


magnets OSAKA Instagram.


商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osakaもしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-08-27 12:29 | OSAKA店 | Comments(0)

秋のトップスに欠かせない!!(大阪アメ村店)

こんにちは。
マグネッツ大阪店スタッフヤスオです。

昨日の入荷日に御来店下さいましたお客様方、
本当にありがとうございました!

入荷明けの本日も元気にOPENしておりますので、
お時間にご都合の宜しい方は、
フレッシュな秋物アイテムをご覧になりに、
是非マグネッツにお越し下さいませ。

では本日のブログアップです!
c0078587_1251486.jpg

秋のトップスに欠かせないデニムジャケット!
一枚は手にしておきたいGジャンですね。

風格のあるオールドの3着をピックアップし、
実際に着用してみましたので、
その雰囲気をご覧下さいませ。

Levi's 70505 E Vintage Denim JKT Size:38 Price:26980yen+TAX
c0078587_12503285.jpg

c0078587_12504281.jpg

c0078587_247037.jpg

永久鉄板のリーバイスデニムジャケットの代名詞
"70505"

1着手にして頂くとそこ使い勝手の良さは計り知れず、
一生重宝して頂けるデニムジャケットだと思います。

近年は改めて注目されている方も多く、
非常に人気の高さを感じます。
c0078587_12514063.jpg

70505のビッグE時代の物ですが、
オリジナルらしい雰囲気が格別で、
着用するとその魅力が存分に味わえます。

廃れる事なく、何十年先も残る名品ですね!
c0078587_12515139.jpg

c0078587_12515856.jpg



50's Lee 101-J Vintage Denim JKT Size:About 40 Price:19980yen+TAX
c0078587_12521116.jpg

c0078587_12521691.jpg


リーバイスに対して
Leeの101-Jもまたブランドの名作ですね。

長年生産されたLeeの名作101-Jも
各年代で若干の変化を遂げながら愛され続けてきました。

あのスティーブ・マックィーンが愛用したことでも人気があり、
憧れを抱かれていた方もおられるのではないでしょうか。

カウボーイ仕様に細かい部分まで考えられた作りで、
平たいLee独特のリベットや、黒のネコメのアジャストボタンも鞍を傷つけない工夫と言われます。
c0078587_21422753.jpg

c0078587_21425394.jpg

この一着は、ラベルは欠損しておりますが、
その取り付け痕から古い三角タグの50年代頃の古い101-Jです。

リアルワークな雰囲気の漂う、
Lee独自の縦の色落ちと、袖等に入るヒゲも圧巻です!

リーバイス70505同様に、
決して廃れる事のないLeeの名モデルも是非お試し下さいませ。
c0078587_12535816.jpg

c0078587_1254460.jpg



70's "Buckaroo" Vintage Denim JKT Size:38 Price:12980yen+TAX
c0078587_1255239.jpg

c0078587_1255884.jpg

実際に着用すると更にカッコ良さを味わって頂けそうです。

ワークブランド"BIG SMITH"のウエスタンライン"Buckaroo"!
70年代のヴィンテージデニムジャケットになります。
c0078587_1471927.jpg

c0078587_1483093.jpg

明るいブルーのインディゴデニムも綺麗な表情で、
自身の単体のみならず、他の合わせるアイテムも引きたててくれます。
イエローステッチも良いアクセントに楽しめますね。

細かいワークブランドならではのディテールと、
胸元のステッチやポケット付きがデザインとしても新鮮です!

サイズの合う方は、是非お試し下さいませ。
c0078587_12552250.jpg

c0078587_12552828.jpg

c0078587_12553685.jpg


最後までありがとうございました。

では、本日も皆様の御来店を楽しみにお待ちしております。

大阪店 ヤスオでした


magnets OSAKA Instagram.


商品に対するお問い合わせはこちらまで → magnets osakaもしくは、snke83474@nike.eonet.ne.jp まで御連絡ください。※恐れ入りますが、お電話でのお問い合わせは御遠慮下さいませ。※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。御了承くださいませ。
by magnetsco | 2017-08-24 12:56 | OSAKA店 | Comments(0)

今も、これからも、(T.W.神戸店)

こんにちは、神戸店 伊藤です。
本日もいい天気に恵まれましたが、
大阪店では、スーペリア入荷を行なっています!


連日の入荷となりますが、目を見張る
スーペリアならではのユニークなアイテムが、
ズラッと並んでおりますので、
お時間のある方は、是非、お立ち寄りくださいませ!


神戸店も、元気に通常営業していますので
よろしくお願いいたします!


それでは本日のブログアップです!
早速ご覧になってください!
よろしくお願いいたします!




1950's Vintage Soft Work JKT

Size:36,38

12980-yen +Tax

c0078587_13041191.jpg
c0078587_13041117.jpg
今日ご紹介のアイテムは、
1950年代のソフトワークジャケットです!
真夏でもご利用していただけるアイテムで、
僕たち2人を含め、多くの方に
愛用していただいているジャケットになります!


ブレザータイプのワークウェアは、
ユーロアイテムでポピュラーなアイテムで、
数が少ないアメリカ製というのが、
大きなポイントだと言えます。


c0078587_13040949.jpg
c0078587_13040964.jpg
アメリカ製のものは、ショップコートが
皆様の中でも1番有名なのではないでしょうか?

出勤して着た服の上からガバッと羽織るだけで、
着ている服を保護し、また、
ユニフォームとしての存在感を知らしめます。


そう言ったことから、このようなブレザータイプは
数が少ないのかもしれませんね。


c0078587_13040986.jpg
使っている生地は、粗い織り目のコットンクロスで、
通気性と吸水性に優れており、
長袖シャツを凌ぐような軽快な着心地となり、
ポケットが備わることから、実用面でも優れた一品となります!


c0078587_13041047.jpg
c0078587_13041079.jpg
c0078587_13041010.jpg
また、使っている生地から、シワが入っても
雰囲気としてみれることから、扱いが
非常に簡単で、気兼ねなく使っていただける
ブレザーというのも、大きなポイントだと思います!


質感を出して楽しんでいただける
ジャケットというのもユニークな点で、

当店では、デッドストックの状態から、
ワンウォッシュをかけてステッチの縮みを出して、
店頭出しをしています!


袖のロールアップに、ショーツと合わせても、
馴染みがよく、また、このデザインを生かして

次シーズンこそ本番になることから、
今の時期にとても重宝していただける
アイテムとなりますので、是非、お試しください!
コーディネートもしてみましたので、ご覧になってください!

c0078587_13082458.jpg
c0078587_13082397.jpg
c0078587_13082526.jpg

c0078587_13082467.jpg
最後までご覧いただきまして有難うございます!
本日も皆様のご来店を、こころよりお待ちしております!
神戸店 伊藤でした



magnets torwest Instagram.




商品に対するお問い合わせはこちらまで  → magnets torwest
もしくは、magnetstw@iris.eonet.ne.jp まで御連絡ください。

※恐れ入りますが、お電話にてのお問い合わせはご遠慮くださいませ。
※掲載商品に付きましてはお店に出ている商品ですので、
店頭でSOLDOUTになっている場合も御座います。

御了承くださいませ。

by magnetsco | 2017-08-23 13:25 | KOBE店 | Comments(0)